消費税増税

消費税が2019年10月に10%となります。(予定)

ただし、請負契約の場合には経過措置が設けられ、一定の条件を満たせば引渡しが2019年10月以降になっても現行の税率8%が適用されるのです。

失敗しない家作りのためには十分な時間の確保が大切です。

消費税の経過措置について十分に把握しておきましょう。

2019年3月31日までに請負契約をしてください。

前回の増税時と同様の経過措置がとられるのであれば、新税率が適用される半年前までに請負契約を締結する事ができれば、引渡が2019年10月以降となっても現行の税率8%が適用されるのです。

2019年9月末頃には工事の集中が予想されます。万が一に引渡が延期されてしまえば支払わなくてはならない税金は大きな金額となります。

安心して工事をすすめられるように、早めに土地を決めて各社から間取の提案と見積もりをしっかりと比較できる余裕があるといいですよ。

消費税増税

2019年4月1日以降に契約した場合

2019年3月31日までの請負契約が間に合わなかった場合には、9月30日までにお引渡を受ける事ができれば税率8%が適用されます。

お引渡が間に合わず10月1日以降となってしまった場合には、税率は10%となりますので十分なご注意が必要です。

新築の工期はおよそ3~4ヶ月となりますから5月末までには着工をして欲しいですよね。

しかし、長雨や猛暑が続くと工期は大幅に遅延しますので工期にはできる限りのゆとりをもって欲しいところです。

2019年3月31日に請負契約を締結する事を逆算すると

『2019年3月31日間際だから契約してしまえ!』なんていう営業マンやお客様もいらっしゃるかもしれませんが、注文住宅は契約の前にどれだけ密度の高い打ち合せができるかが大切です。

また、一社に絞っての建築打合せを行うよりは2~3社でそれぞれの提案や見積もりを比較することがいい家づくりの成功ポイントのひとつとなります。

精度の高い図面や見積もりが出てから契約する為には、建築会社との打ち合わせはおよそ3ヶ月程度が目安となります。

その期間を考えると2018年中に土地を決定して、年末年始に展示場をまわり2019年の年明けから比較検討中の建築会社からそれぞれ間取や見積もりの提案をしていただくとよいかもしれません。

家作りを成功させる為にはスケジュールをしっかりと把握する事が大切です。

 

土地建物のことお気軽にご相談ください

不動産のセカンドオピニオン実施中