ゆうちょ銀行がソニー銀行の住宅ローンの取り扱いスタート

住宅ローン金利

住宅ローン金利比較表の2019年11月号を作成しました。

11月は長期金利が上昇している金融機関が多くみられました。

12月、そして来年の住宅ローン金利がどのようになるか気になるところです。

住宅ローンの金利 11月

変動金利は今月も変動がありませんでした。

不動産のオオタニでおススメしている金融機関の変動金利は

三菱UFJ銀行    0.625%

千葉銀行     0.625%

中央労働金庫  0.625%

イオン銀行   0.57%

千葉興業銀行  0.60%

となっております。

(※最大優遇時です。保証料は含みません)

固定特約金利、長期固定金利については、多くの金融機関で金利が上がっております。

三菱UFJ銀行の長期固定金利は

35年固定金利では

1.49%(9月)→1.49%(10月)→1.55%(11月)

となっており、

千葉銀行は35年固定金利では

1.59%(9月)→1.59%(10月)→1.69%(11月)

しかし、今月も千葉銀行は固定金利のキャンペーン実施中です。

全期間固定でなんと1.10%ですよ!!

いままでのキャンペーン金利より更に0.1%マイナスとなっております。

中央労働金庫では

1.25%(9月)→1.25%(10月)→1.25%(11月)です。

今月も金利の変わらない安定感がりますね。

フラット35も金利が上昇しております。

借入額が売買価格の90%未満借入年数35年は

1.11%(9月)→1.11%(10月)→1.17%(11月)

と0.6%上昇しております。

借入額が売買価格の90%未満借入年数20年は

1.05%(9月)→1.06%(10月)→1.12%(11月)

とこちらも0.06%金利が上がっちゃいました。

団体信用生命保険に加入しない場合にはさらにー0.2%となります。

フラット35Sタイプの金利優遇幅は、0.25%で、Aタイプなら10年間、Bタイプなら5年間の優遇です。

ゆうちょ銀行がソニー銀行の住宅ローンの取扱いをはじめました

ゆうちょ銀行といえば、以前はスルガ銀行の住宅ローンを取り扱っていましたよね。

10月はあのソニー銀行の住宅ローンの取扱いを開始いたしました。

ソニー銀行はネット専用銀行のため遠い存在でしたが、これを気に利用者が増えるかもしれませんね。

ただ、ネット専用の住宅ローンは借りたあとの手続きもインターネットで行わくなてはなりませんから、それが心配だと言われることも多くあります。

今は、ササっとできるインターネットでの手続きですが10年後も20年後もインターネットを使いこなせるのだろうか(;´Д`A “`

それにしても、住宅ローンの選択肢が増えるのはお客様にとってもチャンスですよね。

よいご提案ができますよう、私もしっかりと内容を確認しておきますね。

来店のご予約はこちら

◆事前審査の際にご用意いただくもの◆

◇源泉徴収票 (直近のもの、あれば2年分)

◇健康保険証

◇身分証明書(運転免許証など)

◇借入がある場合はその内容のわかるもの

(車のローン、キャッシング、リボ払い、携帯電話の割賦などなど)

住宅ローン金利比較表 2019年11月号

お客様から不動産のオオタニにご相談の多い金融機関、10行とフラット35の金利比較表を掲載しております。

お時間がございましたらご確認ください。

PDFはこちら

また、過去3年分の金利表がございますので

必要な方はお気軽にお声をかけてくださいね。

お客様の住宅ローンご利用状況

10月にお打合せ、ご利用いただいているお客様の住宅ローンご利用状況です。

・フラット35

・千葉興業銀行

・三菱UFJ銀行

となっております。