フラット35

全期間固定金利のフラット35がさらに利用しやすくなりました。

平成30年4月1日のお申込分より諸費用もお借入できるようになりました。

いままでは、諸費用の借入ができませんでしたから諸費用は別途ローンを組むケースが多かったのです。

諸費用ローンは金利がちょっと高めでしたから、残念でしたよね。

いよいよ、フラット35でも諸費用を含めた借入ができるようになったのです。

融資対象の諸費用としては

1.契約書に貼付する印紙代

2.仲介手数料

3.登記費用

4.火災保険料・地震保険料

5.ホームインスペクションに係わる費用

などなど

フラット35で諸費用の借入

フラット35で諸費用の借入

先日、ファミリーライフサービス様よりご案内をいただきました。

住宅ローンの選択肢が増えたことはお客様にとってとてもプラスですよね。

不動産のオオタ二の住宅ローンアドバイザーがお客様にピッタリの住宅ローンをご案内いたします。

お気軽にご相談ください。

土地建物のことお気軽にご相談ください

不動産のセカンドオピニオン実施中