収入合算とペアローンについて

住宅ローンの借入をする際に、お一人の収入だけでは希望の借入額まで届かないな、なんて時にご夫婦の収入を合わせたり、親子での収入をあわせて借入額を増やす方法があります。

この方法を『収入合算』や『ペアローン』と呼びます。

『収入合算』と『ペアローン』の違いは、1つの住宅ローンか2つの住宅ローンとなるかの違いです。

『収入合算』では、1つの住宅ローンについてご夫婦または親子で借入をするという方法です。

『ペアローン』は、ご主人と奥様それぞれが、1つずつの住宅ローンで借入をするという方法です。

『収入合算』には2種類あります。

収入合算の場合には債務について2つの種類があります。

①連帯債務ーフラット35

1つの住宅ローンについて、それぞれに支払義務が生じます。

それぞれが、持分に応じた住宅ローン控除を受ける事ができます。

夫婦用団信に加入すれば、どちらかが万が一の場合には全額が完済されます。

②連帯保証ー民間金融機関

1つの住宅ローンについて、一人が債務者、一人が保証人となります。

土地建物の持分を持つのも、住宅ローン控除を受ける事ができるのの債務者一人となります。

大まかな説明ですと、フラット35を利用する場合には連帯債務となり持分を共有として、ローン控除も二人で受ける事ができます。

民間金融機関の場合には、連帯保証となりますので債務者のみが持分を持ち、ローン控除を受ける事ができます。

ペアローンについて

ペアローンでは、それぞれが1つずつ住宅ローンを組み、お互いの連帯保証人となります。

借入額に応じてそれぞれが持分を持ち、住宅ローン控除を受ける事ができます。

民間金融機関の住宅ローンで、ご夫婦それぞれが不動産の持分を共有とされたい時、ローン控除を受けたい時に利用されるケースが多いです。

 

持分を単独とされる場合には、民間金融機関で収入合算(連帯保証)を、持分を共有で長期固定金利をお考えの場合にはフラット35で収入合算(連帯債務)を変動金利で持分を共有にとお考えの場合にはペアローンを検討して見るといいかもしれませんね。

 

土地建物のことお気軽にご相談ください

不動産のセカンドオピニオン実施中