手付金(てつけきん)

手付金とは、売買や請負などの契約の際の保証として、交付される金銭です。

残代金時に手付金は返還されるのが原則ですが、代金の一部に充当する特約が多いです。

手付金の額は代金の5%~10%とするケースが多いです。

実際に支払う手付金の額をは担当の不動産会社に相談されると良いでしょう。

また手付金は、解約手付けの性質も持ちます。

買主は手付金の放棄、売主は倍返し(手付金を返して、手付金と同額を買主に支払う)によって契約を解除できます。

手付金

 

前の記事

坪(つぼ)