隣地との高低差を気を確認しましょう。

おはようございます。大谷です。

最近、『みるく』さんの

いたずらが止まりません。

特に私の脱ぎたての服が

大好きなようで

ちょこっと置いておくと

直ぐに嗅ぎつけて来て

ぶんまわします。

高い所においてもね

ジャンプ、ジャンプで

噛みついてしまいます。

ジャンプ

おかげで、靴下や肌着が

数枚穴があいてしまいましたよ。

(;´Д`A “`

ガム噛みなさい!ガム!

犬のガム

最近、売却の査定のご依頼を多くいただいております。

ありがとうございます。

査定をしている時にいつも思うのは

土地の高低差が価格に大きく影響が出るという事です。

立地・環境も良く駅にも近い土地で

平坦地であれば、いい価格で査定が出せるエリアも

高低差があり築年数が経過していると

慎重に査定価格を算出しなくてはいけなくなります。

特に、隣地と2m以上の高低差があると

ガケ条例に抵触しますからなおさらです。

擁壁の強度が問題が無いか

擁壁が建築確認を申請して工事を行われているか

擁壁に問題があれば、再構築をしなくてはなりません。

一気に査定金額が下がってしまう事があります。

マイホームを購入する時、建物だけでなく

土地とその将来性についてご検討いただく事も大切です。

擁壁

本日も不動産について丁寧にご説明させていただきます。

不動産を将来の資産としてどうなのか?

なんて事もご説明させていただきます。

どうぞお付き合いくださいませ。