腰が抜けそうになりました(;´Д`A “`

おはようございます。大谷です。

昨日は、フラット35の適合証明書の

検査の為マンションにお伺いしました。

エレベーターで上昇していき

『チン』と到着して

エレベーター降りたとたんの景色に

思わず腰が抜けそうになってしまいました。

高い所が苦手です

私、高い所が苦手なのです。

(;´Д`A “`

目をつぶり建築士の先生に支えられながら

なんとかお客様のお宅に着く事ができました。

私の体たらくに先生は爆笑

お客様は驚いていました。

ご迷惑をお掛け致しました。

でもね、フラット35Sが利用できて良かったです!

フラット35

フラット35のご利用には適合証明書が必要になります。

中古住宅や中古のマンションでも

フラット35がご利用できるケースが多くあります。

フラット35S

さらに、バリアフリー住宅であれば

フラット35Sも対象となりますよ。

ないらんの際には、段差や手摺を

確認しておくといいかもしれません。

お得にお借入をしましょうね。

また、適合証明書の検査の際に

あわせて、耐震基準適合証明書の検査も

行っていただくとよいかもしれません。

木造なら築20年以上

鉄骨なら築25年以上

の建物でも住宅ローン控除がうけられ

登記費用も安く抑える事ができるんです。

こちらも、お気軽にご相談くださいね♪

 

さ、本日も元気にご案内をさせていただきます。

どうぞお付き合いくださいませ!