中古住宅を見学すると気のチェックポイント

おはようございます。大谷です。

台風一過で、朝から蒸し暑いですね。

台風の過ぎた後の道路には

多くの蝉がひっくり返っていました。

可愛そうだなと木の側に

運んであげようとすると

『ミミミミ!』と暴れます。

これが、蝉のちょっと困るところです。

(;´Д`A “`

『みるく』さんも

道路の蝉の臭いを嗅いでいたら

蝉が勢いよく飛び立っていき

腰を抜かしそうになって

驚いていましたよ。

(*^▽^*)

蝉

さて、昨日は中古住宅のご案内をさせていただきました。

雨の中、お付き合いくださいまして誠にありがとうございます。

『中古住宅の時はどこを見るの?』

とお客様からご質問がありました。

チェックポイントは沢山ありますが

私が、まず確認するポイントは3つ

■傾き

■床下

■雨漏れ

となります。

傾は水平器で計測を行ったり

室内建具や窓の端っこを確認します。

床下は、床下収納を開けて確認ですよね。

雨漏れは、建物の形状を確認して

雨漏れがおきそうな場所の

天井や壁を確認します。

昨日、見学した建物は

とても良好な状態でした!

その後に、細かいところを

チェックしていくといいでしょう(^_-)-☆

 

さ、本日もご案内

お打合せの約束をいただいております。

どうぞお付き合いくださいませ。