いつもご紹介ありがとうございますm(_ _)m

おはようございます。大谷です。

昨日はお客様からチョコをいただいちゃいました。

ご紹介で、見学にいらっしゃったお客様から

ご案内ありがとうって。

そんなに気をつかわないでください(;´Д`A “`

でも、すぐに美味しくいただいちゃいましたよ。

ありがとうございました‼

チョコ

気になる事などあれば何でもご相談くださいね。

土地はもちろん建物についてもしっかりとご案内させていただきます♪

それよりも、びっくりしたのが、ご紹介くださった●●様

そんなに有名だったんですね。(;´Д`A “`

さらに、検索してビックリ(´⊙ω⊙`)!

いつもご紹介くださいまして誠にありがとうございます。

 

さて、先日は建物現況調査に行ってきました。

『建物の状態はどう?』

何て相談を受けましたので

レーザー水平器と大きめの水平器を

持って現地調査です。

外装から確認すると、大きなクラックなども無く

基礎などの亀裂や剥離もない良い状態でした。

室内に入ると、ちょっと傾きを感じるかな。

場所によっては、ちょっと傾きがあるようでした。

水平器

木造住宅の場合、経年による歪み傾きも生じる場合がありますので

そんな、話をしながら家の中を何カ所か水平器でチェックです。

レーザー水平器を使用すると

場所にってよっては、下端と上端とでズレが生じている箇所もありました。

天井で、コーナーから約1.2cm程度のレベラーとズレが生じています。

天井高が2400mmとなりますのでおよそ5/1000のズレとなります。

ちなみに、インスペクションでは6/1000以上の場合に傾きありと報告することになります。

水平器やレーザーで調査した後は、窓の開閉のチェックです。

扉や窓の開け閉めがスムーズにできるかも確認するポイントですね。

一通り確認をいたしまして、次回は報告書の作成となります。

ご売却の際に、ご活用いただけますと幸いです。

建物の傾きが気になるときはお気軽にお声を掛けてくださいね。

 

さ、今日もご案内のお約束をいただいております。

建築士の知識を活かして、建物について丁寧にご案内をさせていただきます。

どうぞお付き合いくださいませ♪