細かすぎます(;´Д`A “` 

おはようございます。

今日はちょっと疲れ眼です。

(;´Д`A “`

家に帰るとテーブルの上に、

セリアのマイクロブロックが置いてありました。

『もしかして、お父さんが作るの?』

『うん』

ご飯はそこそこに、お酒をいただきながら

1時間かけてようやく完成。

セリア マイクロブロック

ミキサー車ができあがりました。

凄いのは、ミキサーの部分が回るんです。

息子に渡すと、大喜びです。

でも、数分後には

セリア マイクロブロック

直して、壊れて

直して、壊れての繰り返しです。

マイクロブロック、マイクロなだけあって

組み立てるのに目が疲れるんですよね。

(;´Д`A “`

 

さて、昨日はお客様のご検討されている建物について

図面を作成して直下率を確認してみました。

直下率

およそ一時間くらいあれば

1階・2階の柱や壁の入力ができます。

まだまだ、CADの腕は鈍っていません。

直下率というのは

柱や壁が、1階と2階でどれだけ揃っているか

全体の壁の長さに対する割合となります。

建物の耐震性の判断のひとつの目安となります。

ただし直下率だけではなく、梁の大きさや

耐力壁の性能も加味して耐震性を検討しますので

判断材料のひとつとしてご確認いただくといいと思います。

今回の建物は、建物の形も四角形に近く

総2階に近い間取りです、4隅の体力壁も揃っていますから

建物の耐震性は強いのではないでしょうか。

という考察になりますね。ご参考までに。

建物の話が、細かすぎでしょか(;´Д`A “`

いえいえ、お客様に真剣ですよ!

土地、建物について真摯にご案内しております。

 

さ、今日も天気がいいですね。

のんびりと、物件のご案内をさせていただきます。

不動産の『薀蓄』にどうぞお付き合いくださいませ。