間取作り

おはようございます。大谷です。

昨夜は久しぶりにCADソフトを起動して

間取図の作成を行いました。

アーキトレンド

お客様がご検討中の敷地に

どれくらいボリュームの間取が入るか

駐車計画や庭の広さがどれくらいになるか

ご検討の参考になれば・・・

作業がはじまると集中してしまいます。

あっという間に時間が過ぎてしまい

時計をみると(;´Д`A “`

今朝はちょっと目がショボショボしていますが

久しぶりに間取を考えると楽しいですし、

頭のいい運動にもなります。

今日は頭が冴えてますよ(^^)/

 

昨日は土地を検討されているお客様と

土地探しをする際の注意点と

建築会社との打ち合わせの仕方

についてお話をさせていただきました。

その中で、間取打合せの際に

その土地や隣地、周辺について

多めに写真を撮ってプリントして

お打合せに臨むといいですよ。

というお話をさせていただきました。

建築会社様や設計事務所様によって

間取作りの取組方は異なると思いますが

設計をされる方が何度も現地に

足を運ばれるケースは少ないと思います。

朝、昼、夕の陽の入り方

道路からの視線などなど

測量図だけではなかなかわからない事も多くあります。

ただ、現地何度も行ってくださいとは言いづらいですよね。

わかりやすく写真などで情報をお伝えするといいと思います。

そんなお話をさせていただきました。

長時間、パーテーション越しにお付き合いくださいまして

誠にありがとうございました(;´Д`A “`

 

本日も、ご内覧、お打合せのお約束をいただいております。

どうぞお付き合いくださいませ♪

前の記事

マスク

次の記事

お家ピクニック