せっかくの機会ですから建物についてちょっとご説明

おはようございます。大谷です。

今朝はクラシックを聴きながら

のんびりとコーヒーをいただいております。

机のうえに重なった書類の山に

現実逃避中です(;´Д`A “`

焦ってはダメです。

先ずは冷静になって、冷静になって

という具合でコーヒーをいただいております。

契約書の準備、お引渡しの準備

ご案内の資料の作成

売却査定の報告書の作成

リフォーム工事の見積書の作成

保険の請求書の作成に、振込の準備などなど

よし、今日も頑張るぞ(^O^)/

 

さて、昨日は新築一戸建てのご案内です。

新着情報のため、現地はまだ更地でした。

そのため、現地確認後に

建築会社様の同仕様施現場に行ってみました。

完成物件、工事中の物件がありましたので

じっくりとご案内をさせていただきました。

特に、工事中の構造は見る機会が少ないと思いますので

時間をかけて説明をさせていただきました。

施工現場

基礎パッキン工法で土台には

防腐・防蟻注入材をしようしています。

基礎パッキン工法は、

床下の換気量を増やす事と

基礎に換気口の為の穴を空けなくて済むので

基礎の劣化や強度を防ぐ事ができるのです。

土台の注入材は土台が腐らないように

白アリが食べないようにと加工をしているのです。

プラ束

今回の施工現場では束がプラ束となっていました。

プラ束とは、プラスチック束の略ですね。

プラ束や鋼製束は、ジャッキアップすることができます。

もし、床が軋んだり沈んだりしてしまった場合には

床下に潜り、束をジャッキアップして補修する事ができるんですよ。

などの説明をさせていただきました。

長い時間、私のお話にお付き合いくださいまして

ありがとうございました(^_-)-☆

せっかくのマイホームのご購入の機会です。

建物について、少し知識を深めていただけると嬉しいです。

建物の構造について

建物のメンテナンス計画について

しっかりとご説明をさせていただいておりますよ♪

 

さ、今日も元気に頑張ります。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。