一番安くマイホームを手に入れる方法は?

安くマイホームを手に入れる方法

まずは値引き交渉

購入申込みにあたって、『値引交渉』は必須です。

どうせ同じ物件を買うのであれば、すこしでも安い方がいいに決まっていますよね。

しかし、売主である建築業者さんは不動産のプロです。

それを相手に一般のお客様が交渉しても残念ながら勝ち目はありません。

なので、そんな時は仲介会社に交渉させるのです。遠慮せずに価格交渉を切り出しましょう。

また、根引き交渉をお願いする仲介会社が「値引き交渉」が得意かどうかも確認が必要です。

例えば、不動産のオオタニの場合、仲介手数料が無料ですから、一般的な不動産屋さんよりも、取扱う契約件数が多くなります。

すると必然的に、売主である建築業者とのやりとりが多くなり、その分パイプが太くなるので、値引交渉もしやすくなるわけなんですね。

仲介手数料を節約する

『仲介手数料』に対する皆様の認識は、家などを買ったり、売ったりする時に、不動産業者に支払うお金と理解されていると思いますが、その金額は一体いくらになるのかご存知でしょうか?

通常の仲介手数料は『物件価格の3%+6万円と消費税』です。

例えば、3000万円の不動産を購入する際の仲介手数料は、3000万円×3%+6万円と消費税=約100万円になります。

実は結構な金額で、物件価格によっては、楽に新車が買えてしまうくらいの金額なのです。

でも安心してください。

その新車を買えるほどの仲介手数料を、『無料』もしくは『割引』にする会社を、今あなたは見つけたのです。

では、何でそんな事が可能なのか?

その前に、そもそも仲介手数料の仕組みはどうなっているのか?

まずは、これを簡単にご説明いたします。

仲介手数料

仲介手数料のカラクリとは?

仲介手数料を無料にできる理由には、仲介手数料のカラクリが関係してきますのでちょっと説明いたしますね。

一般的な不動産屋さんは、売主である建築業者と買主であるお客様の双方から仲介手数料を受領するため、仲介手数料が100万円だった場合、合計で200万円受取ることができるのです。

 

しかし、不動産のオオタニでは売主様から仲介手数料を受領できる場合、買主様から頂戴する仲介手数料を無料にしているんです。

なので、『無料』にしたからといって、『収入がゼロ』になるわけではありません。

インターネットを上手に活用し、折込チラシなどの広告費をトコトン削り、お客様の事を考えれば、実は簡単にできることなのです。

 

ですから、仲介手数料が無料だからといって、仲介手数料が有料の不動産会社と比較して『サービスの質が悪い』という事は一切ありませんのでご安心ください。

物件調査

前の記事

申込みをしたら次は物件調査
こんな不動産会社には要注意

次の記事

こんな不動産会社には要注意!