はじめに・・・

はじめに・・

 

最近、家づくりに失敗する人が増えています。

『思い描いていた家と違う家になってしまった・・・。』

『余計なお金を○○○万円もかけてしまって、ローンの返済ができない・・・。』

『家が引き渡された後は、連絡しても担当者がきてくれない・・・。』

と、このような話しをよく耳にするようになりました。

 

あなたのご近所でも、新築したばかりなのに不満を漏らしている方、自分の家づくりの失敗談を、まるで不幸自慢のようにお話しされている方はおられませんか?

 

なぜ、このような事態が発生するのでしょう?

これらの問題は、ユーザーに正しい情報が届いておらず、ユーザーが正確な知識・認識を持っていないことに起因しています。それは、業者が必要の無い事、話すと自分が不利になる事を、ユーザーに伝えないことが、そもそもの原因なのです。

家づくりに携わる者、現場の第一線で働いている人間が、正しい情報を発信しなければ、家づくりで後悔する人は後を絶たないことになります。

 

『よい家に住みたい!』、この思いは万人共通の願いです。その願いを叶えるために私はこのガイドブックを書きました。

これからお話しする内容は、営業のプロや建築士が口を閉ざし、秘密にしていたことばかりです。この話しを聞いていただけば、あなたの家づくりに対する、その不安は解消され、安心・納得した家づくりができるようになるはずです。

楽住の家

代表   大谷利康

次の記事

家づくりで失敗しないために