収入合算(しゅうにゅうがっさん)

収入合算

住宅ローンの申込みや事前審査を行われる際に収入合算という言葉を耳にすることがあるかもしれません。

収入合算とはどのような事なのでしょうか。

住宅ローンの借入できる金額は年収に対する返済額の割合いが決まっています。

住宅ローンのお借入希望金額に申込者の年収が足りない時に、配偶者の収入、または親や子の収入を合わせることによって世帯年収を多くすることにより借入可能額をを多くする事が出来るのです。

フラット35では連帯債務となり、民間金融機関の住宅ローンでは連帯保証となるのが一般的です。

収入合算を行う時には、連帯債務や連帯保証の内容や違いには十分に確認してくださいね。

前の記事

路線価(ろせんか)