分筆(ぶんぴつ)

合筆と分筆について

土地の登記簿において、土地一つを表すのに筆(ふで)と言います。

一つの土地を二つ以上に分ける作業を分筆といいます。

例えば

○○市△△町1ー1 100㎡

なんて土地を

○○市△△町1ー1 50㎡

○○市△△町1ー2 50㎡

と分ける事を分筆といいます。

大きい土地を分譲なんかする時は分筆を行っています。

 

前の記事

封水(ふうすい)