新耐震基準

『新耐震基準ってなんですか?』

中古住宅をお探しになられているお客様からご質問をいただきます。

中古住宅のご購入を検討される際のポイントのひとつに新耐震基準か旧耐震基準かといポイントがあります。

新耐震基準と旧耐震基準の見極めは建築確認申請年月日で分かれます。

1981(昭和56)年6月1日以降の建築確認に適用された耐震基準を新耐震基準とよびます。

それ以前(1981(昭和56)年5月31日)に建築確認を受けた建物を旧耐震基準とよびます。

新耐震基準における耐震性能は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準とされました。

木造住宅においては耐力壁の量、耐力壁の倍率などが見直され、耐震性が大きく向上しています。

昭和56年頃の戸建住宅のご購入をご検討されている場合には、建築確認申請年月日について確認されるとよいでしょう。