新耐震基準

1981(昭和56)年6月1日以降の建築確認に適用された耐震基準を新耐震基準とよびます。

それ以前(1981(昭和56)年5月31日)に建築確認を受けた建物を旧耐震基準とよびます。

震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準とされました。

木造住宅においては耐力壁の量、耐力壁の倍率などが見直され、耐震性が大きく向上しています。

昭和56年の戸建住宅を探される際には、建築確認申請年月日に注意されるとよいでしょう。