市松模様

格子の目を色違いに並べた模様です。

英語・外来後ではチェック・チェッカーなどと言われます。

住宅ではタタミや壁にこの模様を用いられる事があります。

名前は、江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松がこの模様を好んだ事に由来します。

それ以前は石畳文様とよばれていました。

東京オリンピックとパラリンピックのエンブレムも市松模様が基となっています。

東京オリンピックのエンブレムは市松模様