構造計算

建物の構造が、建物自体の重さや家具の重さ、地震や強風などによる外的な力によって構造にどれだけの抵抗力があるかを計算することです。

この計算を基にして建物の安全性を判断します。

木造住宅であれば3階建て以上、木造以外(鉄骨・コンクリート)であれば2階建てで構造計算が必要となります。

最近の木造の注文住宅では構造計算を標準としているところが増えてきています。

構造計算といえば、構造計算書偽装事件が有名かもしれませんね。

(;´Д`A “`