周知の埋蔵文化財包蔵地(しゅうちのまいぞうぶんかざいほうぞうち)

石器や土器が出土したり、貝塚や古墳などが埋まっている土地で、そのことを多くの人が知っている事を周知の埋蔵文化財包蔵地といいます。

この土地で土木工事を行う際には、届出が必要になります。

たまに、土木工事を行う前に調査を行いなさいといわれる時があります。

そのため、工期が大幅におくれてしまうことがあります。

文化財保護法が関連しています。

前の記事

隅切り・角切り(すみきり)

次の記事

ひな壇(ひなだん)