スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験とは戸建住宅の地盤調査で多く使われる地盤調査方法です。

大きなドライバー(スクリュー)で地面に穴を掘っていきます。

まずは、スクリューに5kg,15kg,25kg,50kg,75kg,100kg

とおもりを段階的に乗せていきます。

ちなみに、おもりだけでスクリューが沈んでいくと地盤は弱いです。

その後、25cm穴を掘るのにスクリューが何回転するかを計測します。

回転数が多ければ多いほど地盤が固いということになります。

試験は通常、建物が配置される場所で5箇所以上を調査します。

この試験結果によって、地盤改良をする・しないや、改良方法を決定していきます。

ちなみに、改良方法やする・しないは、ハウスメーカーや建築会社によって判断も異なります。

スウェーデン式サウンディング試験

なぜスウェーデンかというと北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用したので・・・



不動産相場をご確認いただけます。
不動産のご売却、ご購入の際にお役立てください。

①地図で相場を確認します。
②住所やマンション名で価格を確認します。

お客様の大切な不動産、思いの詰まった家を売るにあたってご不安な事や気になる事があると思うのです。だから私たちはお客様にじっくりと向き合い、売るべきなのか、活用方法がないのか、と考えながら、お客様にとって最適の提案ができるよう真摯に丁寧な対応をさせていただいています。
地域に根づいていると「借りたい」「買いたい」という情報も入ってき、街の不動産会社だからこそできる売却の提案があります。
お客様に、「オオタニに任せれば安心だ」と感じた上で、売却していただくのが私たちの願いです。そのためには、お客様に寄り添った密なお付き合いができるよう日々、尽力しております。

船橋市、鎌ケ谷市の不動産の売却はオオタニへ