上棟(じょうとう)

木造軸組工事で基礎工事が完了した後に土台を引き、その後柱や梁などを組み立てて、屋根の一番上に棟木を取り付ける工事を行うこと。

柱や梁の組み立てから上棟までは、一日で行うケースが多くあります。

上棟をした後は、棟木に御幣を奉ったり、餅巻きなんかを行ったりすることもあります(上棟式)。

鉄筋コンクリート造ではコンクリートの打ち込みが終了したとき、鉄骨造では鉄骨工事が終了したときに上棟という事もあります。

また、棟上(むねあげ)、建方(たてかた)、建前(たてまえ)と呼ぶこともあります。

上棟

前の記事

浄化槽(じょうかそう)

次の記事

私道の変更又は、廃止の制限