供託所(きょうたくしょ)

不動産業を始める際に保証金としてお金を預けた場所

不動産業者(宅地建物取引業者)は、営業を開始する前に供託所(法務局)に営業保証金として一定の金額を預ける事となっています。

不動産業者(宅地建物取引業者)との取引において、損害が生じた相手は、この預けたお金で賠償(還付)してもらえます。

供託所についての説明です

前の記事

鬼門(きもん)

次の記事

境界(きょうかい)