ガケ条例(がけじょうれい)

千葉県ガケ条例では、敷地内や敷地と道路、敷地と隣地とで高低差が2mある場合には、土砂崩れなどの恐れがありますから、建築の際には十分に気をつけてください。というものです。

具体的には、ガケから距離をはなして家を建築しなさいとか、

ガケに設置する壁(擁壁)はしっかりとしたもの(建築確認申請と検査済をうけたもの)としなさい。

という事です。

販売資料に、ガケ条例やガケ条例に抵触なんて事がかいてあると、家を建てる際には費用が通常よりかかるとお考えください。

↓千葉県ガケ条例参考

千葉県ガケ条例

千葉県ガケ条例

 

がけの下端(CF)がAE線の内外によってがけの高さを算定する。
ABCDEの場合は、一体のがけとみなし、がけの高さはH1+H2
ABCFGEの場合は、ABFとFGEの2つのがけとみなし、がけの高さはそれぞれH1及びH2とみる。

次の記事

鴨居(かもい)